ソレコンソレノイドコンテスト

SOLECON過去の応募作品

キーワードで検索

絞り込み検索

「」の検索結果:14件

Bendows

投稿者 佐藤ペン太さん

リモート会議では映像や通信環境の要因により、相手の反応が薄いように感じる、相手との目線が合いづらい、反応が遅れるなど、対面に比べてコミュニケーションが取りづらい。
実際リモートで会話をする際は声を大きくはっきりと話す、リアクションを大きく取るなどの配慮が必要だと言われている。

リモートならではの代替手段としてリアクション機能などの方法があるが画面上での感情表現には限界がある。そこで、自分のジェスチャーを代わりにノートPCが行えば感情をより直接的に伝えることができると考えた。タカハのロングストロークソレノイドを用いてノートPCの画面を動かすPCスタンドのような形で装置を製作した。
その画面を折る動きからこの装置をBendows(Bend + Windows)と名付けた。

Kick-Oh-Enai

投稿者 ZAWA WORKSさん

「勉強しなさい」「将来を考えろ」「友達できたの?」日常はうるさい言葉だらけ。「Kick-Oh-Enai」はそんなあなたの耳を塞いでくれます!これを身につければどんなうるさい言葉も通用しません!

ソレパンチ

投稿者 ホンダハンさん

勉強の途中で眠りに落ち、テストで失敗してしまったことや、電車で横に座った人が居眠りしながら自分の肩にもたれかかってきて迷惑した経験はありませんか?そんなときは「ソレパンチ」の出番です!ソレノイドを用いたロック機構をコントローラによって任意で解除しピコピコハンマーを左右自由に振り下ろします。また、モードを切り替えることで、距離センサによる自動解除モードで自身の寝落ちも防ぐことが出来ます。ソレパンチから振り下ろされるピコピコハンマーでこの二つの問題に対処可能です!絶対に寝たくないとき、寝かせたくないとき、「ソレパンチ」は睡魔から自分を守ってくれます。

審査員長コメント

作りがひどい・・・仕上げが荒い・・・映像がチープだ・・・。ツッコミどころ満載ですがなぜか面白い。なにより出品する勇気に脱帽。これぞソレコン!

フィンガーテレポーター

投稿者 kabuさん

指転送装置

審査員長コメント

穴があったら指を入れたくなる。だって人類だもの。そんなゆるぎない好奇心をうまく使った装置。「I いつでも O 押しちゃう T 楽しさ」。まさにIoT.

HazzzaM

投稿者 甘えんなりんごさん

我が家は親子3人川の字になって一つの部屋で寝ます.私が課題を終えて寝室に行くと,自分の寝る布団の両側では,毎日のようにものすごい「いびき」の大合唱.ゆっくり寝たいのに!!!!!このガジェットはそんな悩みを,ドラマやアニメでよく見る”鼻をつまむといびきが止まる”という方法で解決します。

審査員長コメント

完璧にいびきを止めることができるが、完璧に装着したくない装置。しかし将来、ソレノイドがどんどん小型化・軽量化し、お肌に装着しても違和感がなくなれば実現可能。テレビモニターだって昔はでかかったけど、今はペラペラだし。

お手上げロボ「ピンチくん」

投稿者 土佐正道さん

八方塞がり、よくありますね。そんなときは、お手上げロボ「ピンチくん」!!
★スマホでタッチ!!
・iPhone、android対応
・アプリをインストールする必要なし
・Bluetoothを設定する必要なし
・マイクロスイッチだから
★匙を投げる!!
・そんなに飛ばない安全設計
・本体はボール紙製
・マイクロプラスチック問題に対応
ゆるやかな爽快感を楽しんだら、あとは自力で難局突破しましょう!!

審査員長コメント

「紙を接着剤で固める」という地味な手法でソレノイドが動く機構を作り、ロボットが“さじ”を投げる。「プラ板や木材を使った方が、楽とちがうん・・・兄ちゃん・・・」とおもわず弟もさじを投げたくなる仕上がりだが、小学生あたりでこの手法は流行りそう。

ジオ・ソックス

投稿者 ウルカの郷さん

洗濯で片方ずつバラバラになった靴下を自動でペアリングし、飛翔させてお届けする世界発!?のソックス・マシーンです。 大家族の洗濯で苦労しているお母さんのために開発しました。 生乾きの靴下を乾燥させる便利機能や、対人センサーを用いた防犯機能も搭載しています。 押しボタンと音声アシスタントのシンプルなインターフェースで、子供からお年寄りまで誰でも簡単に扱えます。

審査員長コメント

男の夢である「カタパルト」で家事のメインである洗濯」に参加。そのテクノロジーの無駄使いに爆笑だが、奥さん「そんな暇があったら、洗濯物を干してよ」という声が聞こえてきそう。つまり選択ミスな逸品。

全自動イライラ装置

投稿者 gyojirさん

全自動でイライラできる装置です。イライラします。

審査員長コメント

「イライラするから指がうごく」という人間の生理的な回路を、「指がうごけばイライラすんるじゃね?」という逆の回路につなぎなおした装置。シンプルな機構にまとめていてグッド。

Human Controller

投稿者 匿名さん

人間をラジコンのように操縦することができる装置です。 楽しい装置です。

審査員長コメント

ソレノイドの動きを、触覚インタ^フェースとして使った新しいパターン。この装置を11人がつけたサッカーをぜひ見てみたい。

イケメンキスマシーン

投稿者 りなさん

キスがしたい、を叶えました。イケメンキスマシーン。 イケメンキスマシーンに顔が近づくと、唇が飛び出します。 顔を遠ざけるまで、1秒間に2回プッシュ。 また、キャスターと紐をつけているので、紐を引っ張ることで イケメンに迫られているような体験ができます。

審査員長コメント

きもちわるいにもほどがある作品。最後のキスのひと押しにソレノイドを使うというところに、乙女の恥じらいを感じます。

それぴょん

投稿者 NEXT-α 飯塚支部さん

ソレノイドで歩けるんじゃね?という安易な発想から生まれた作品です。MDFで作った簡単な箱の側面に複数個のソレノイドを取り付け、簡単な回路に接続し、簡単なコントローラによって操縦しているだけです。すると、なんということでしょう。ソレノイドを動かすだけで、前に進んだではありませんか~!ソレノイドによる、数の暴力の世界をとくとご覧あれ。

審査員長コメント

ソレノイドをどんどん増やせば性能もあがる・・というもんじゃない!という、まるで文明進化と人類幸福度の比例関係をみせつけられたような、批評性のある作品。「やってみないとわからない」ということの、ほんと好例。

それぱん

投稿者 kunihiroさん

ふりかけなど粉状のものが入った袋を開ける際に,袋を振ったり指で弾いたりしたことが誰でもあるだろう.特に日常的に即席の麺・スープにお世話になる人はこの一手間にどれだけの労力が奪われていたか.それを解消するべく作られたのがこの「それぱん」だ。

審査員長コメント

日本が世界に誇る分野、インスタント食品。その食文化の国ゆえに生まれたこの装置。「わかる!それあったら便利!」と思わせながら、次の瞬間「でもいらない!」即決させる点が、イグソレコンにふさわしい。

スマート箸置き

投稿者 TETRASTYLEさん

箸を置いたら自動で箸置きが出る「テーブル」を作りたかったのですが、予算の都合でお盆に組み込みました。

審査員長コメント

とにかく外人に見せたい。トイレからシャワーが出るのを見て「オオ! ジャパニーズ・テクノロジーはスゴイデス!」と言っている彼らに見せたい。 バカバカしさが日本文化と合体した味わいがあります。

マシュマロ・カタパルト

投稿者 sweet electronics さん

マシュマロ・カタパルトは、マシュマロを飛ばす装置です。ジョイスティックで狙いを定め、発射ボタンでマシュマロを飛ばします。

審査員長コメント

世界初、マシュマロの発射装置。ばかばかしすぎる。ゲーム性もあるので、商品化できるのでは?「カキの種」を飛ばせば、飲み会の宴会グッズとしてもいけますね。