ソレノイドの製造、販売。タカハ機工

solenoid_English

会社案内

トップページ > ソレノイドコンテスト

ソレノイドコンテスト開催のお知らせ

   

 

   

 

 
●応募資格 ものづくりが好きな人ならだれでも(グループも可)
   
●応募受付期間 2019年1月11日(金)~2月12日(火)  
   
●応募方法 タカハ機工ホームページからご応募ください。

作品内容を記入、写真・動画(2分以内)を投稿して頂きます

※動画にはソレノイド使用箇所と製品名(型番)を明確にしてください。
   
●作品の条件 1.タカハソレノイドを使用していること

2.縦・横・高さは概ね各50cm以内とする

3.何度動かしても壊れない丈夫なつくりであること。
   
●作品の公開等 入賞した作品は、弊社ホームページにて公開。

また、弊社が出展する展示会等のブースに展示させていただきます。
審査会後すぐにTV取材等が予想されるため受賞作品の発送をお願いします。
   
●賞および副賞 ①ソレコン大賞      1作品(賞金10万円 ソレノイドギフト券 5万円分)

②技術賞          1作品(賞金5万円  ソレノイドギフト券 3万円分)

③いいね!賞    3作品(賞金3万円  ソレノイドギフト券 2万円分)

④イグソレコン賞※ 1作品(賞金2万円  ソレノイドギフト券 1万円分)

※ あまりにバカバカしく役に立たないもの
   
●審査員 審査員長 土佐信道氏(株式会社明和電機 代表取締役社長)

特別審査員 見ル野栄司氏(理工系漫画家 株式会社ミルノプロ 代表取締役)

審査員  タカハ機工 社内審査員
 
●結果発表 2019年2月下旬  
 
●問い合わせ先 茶園・山川まで メールはこちら  
   

 

  - 審査員長プロフィール -
  土佐信道氏(株式会社明和電機 代表取締役社長)
  1993年にアートユニット「明和電機」を結成。ユニット名は彼らの父親が過去に経営していた会社名からとったもの。
青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、さまざなナンセンスマシーンを開発。
プロモーション活動は既成の芸術の枠にとらわれることなく多岐にわたり、国内だけではなヨーロッパ、アジア、アメリカなど海外でも広く展開。
   
  - 特別審査員プロフィール -
  見ル野栄司氏(株式会社ミルノプロ 代表取締役)
 

半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に10年勤務した後、2000年『月刊IKKI』掲載の「東京ソレノイド」で漫画家デビュー。 ビックコミックスピリッツ、ヤングジャンプ、週刊ポストなどで連載。日本の技術を支える職人や最先端テクノロジーを題材にした技術系マンガが大人気。
主な作品に「シブすぎ技術に男泣き」「敏腕編集!インコさん」「東京フローチャート」「鳥男(シリーズ)」などがある。現在、週刊プレイボーイにて 「秘密組織プレイメーソン」 を連載中。

 

 

ソレコン

ポスコン

メールマガジン ご登録はこちらから>>

ブログ・SNS